一人暮らし

引っ越しする時にやることや手続きについて

この記事では、引っ越しする時にやることや手続きについて紹介します。

正直引っ越しする時ってやる事や手続きがどんだけあって
いつまでにやればいいのかわからない。笑

引っ越しする時のやる事や手続き問題を解決するのが経験者の意見です。

この記事では引っ越し経験者の私がやる事や手続きについてまとめてみたので
この記事を見たら正直引っ越しする時のやる事や手続き問題が解決します。

まずは引っ越しする時のやる事や手続きをまとめてみました。

自宅でできる手続き

・水道、ガス、電気
ネットや電話で契約する。引っ越し当日は処理や清算に現金が必要な事が
あるので用意しておく事。

・電話、生命保険、損害保険、クレジットカード
それぞれの契約会社に連絡する。

役所でできる手続き

・転出届(住民票)
引っ越し日の14日前から受付けています。印鑑持参で窓口または郵送も可能な所もあります。

・転入届(住民票)
引っ越し後の14日以内に転出証明書と印鑑を窓口まで持っていきます。

・印鑑登録
転出届が受理された時点で自動的に消滅しますので、引っ越し先の役所で
新たに登録。

・国民健康保険
転出時14日前から、転入時14日以内に手続きが必要。

・国民年金
指定の窓口に年金手帳と印鑑を持参。

自動車に関する手続き

・運転免許証
引っ越し先の運転免許試験場や警察に住民票などの新住所を確認
できるものを持参。

その他の機関の手続き

・郵便物転送
郵便局やネットで手続き可能。
引っ越しから1年間有効。

次にやる事や手続きを日数付きでまとめてみました。

一週間前

手続きの種類 届け先 手続きの方法
転出届 現住所の役所 転出証明書に記入し、印鑑が必要。
国民健康保険、国民年金 現住所の役所 加入者のみ役所で印鑑を持参。
印鑑登録 現住所の役所 実印を持参。代理人の場合は委任状が必要。
不用品処理 現住所の役所 有料の場合が多い。
金融機関 金融機関窓口 銀行は窓口。クレジット、保険会社は電話連絡。
ネット回線 利用する会社 電話もしくはネット契約。

事前(4〜3日前)

手続きの種類 届け先 手続きの方法
郵便物の転送届 郵便局 郵便局やネットで可能。
水道、ガス、電気の清算 それぞれの契約会社 電話やネットで引っ越し日連絡。
水道、ガス、電気の申し込み それぞれの契約会社 引っ越し先の住所で使う会社に電話やネットで契約。

引っ越し後

手続きの種類 届け先 手続きの方法
住民票、転入届、印鑑登録 引っ越し先の役所 転出証明書、印鑑を持参。
国民健康保険、国民年金 引っ越し先の役所 年金手帳、健康保険証、印鑑が必要。
運転免許証の住所変更 引っ越し先の警察 免許証、住民票を持参。

快適な新生活を。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です